No.237 第八三途丸

第八三途丸

読み方 だいはちさんずまる
報酬
説明 代々、三途の川で亡者を漁る地獄船、三途丸の八代目。
地獄行きの罪人は、この船の投げた網の目をくぐることはできないという。
大漁の日は冥土節が地獄にひびく。
出現場所

スポンサードリンク